スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大東亜戦争中のタイと日本11

インパール作戦に参加した日本軍は9万2千人と言われ、そのうち生き残ったのが1万2千人だけだったと言われています。日本軍にとって大失敗だったこの作戦ですが、インドから見ると全く意義が違ってきます。
インド人の中には、インパール作戦で日本軍がインド国民軍と一緒になって戦ってくれたことを感謝し、あの戦いが、インド独立の士気を高めた、と言う人もいます。また、インパール周辺の住民達も、日本軍の勇敢さ、そして軍律の厳しさを、敬意を込めて見つめていたそうです。

しかしながら、日本兵の悲惨さは言語を絶するものだったことも事実です。敗退していった日本兵は戦友達の遺体がいたるところにあるビルマの山道を戻り、タイに入っていきました。
ケマピューというところでサルウィン河をわたるとタイ領に入り、最初にある村がクンユアムでした。

アジアの歴史を学ぶ大切さを山口修源氏のお話で知りました。
スポンサーサイト

タグ : クンユアム 大東亜戦争 インパール作戦 インド国民軍 山口修源

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大東亜戦争はアジアを植民地支配から解放した

田母神前航空幕僚長の論文、「日本は侵略国家であったのか」の主張にあるように、アジア諸国は大東亜戦争を戦った日本に対する評価は高い。それも直接、日本軍と接した人たちの声は真実を語る。日本が侵略国家だったなどというのは正に濡れ衣だ。 アジア諸国とは歴史を改...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。