スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大東亜戦争中のタイと日本9

タイ北部に建設された日本軍用道路について、『正論』2006年9月号に掲載の「発見!世界唯一の日本軍との友情記念館」(武田浩一氏著)に次のようにあります。
「道路建設は数カ所から同時に進められた。道路は4メートルの幅で作られていった。日本軍兵士をリーダーに、タイ人数十人のグループが一つの組となって建設にあたった。斜面のきつい作業困難な場所は日本軍の工兵部隊が建設にあたった。作業は困難を極めた。大工事だった。
 多くのタイ人が日本軍に協力した。食糧事情も良くない、崖や岩場での事故やケガ、マラリアや風土病などで多くのタイ人労働者が死んだ。特にパイからムアンの厳しい工事区間ではタイ人自ら「白骨街道」と呼んだ。道路は貫通した。第15師団はビルマに転進した。」

この後、インパール作戦が発動します。

アジアの歴史を知ることの大切さを山口修源氏のお話で知りました。
スポンサーサイト

タグ : タイ 旧日本軍博物館 クンユアム 山口修源

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。