スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大東亜戦争中のタイと日本

タイは、大変親日的な国です。

17世紀には、山田長政が600名の日本人義勇兵を率いてアユタヤ王朝の親衛隊長として仕えていた、というので、それ以前からタイと日本との関係があったということだと思います。
アユタヤには日本人町があったそうです。

しかし、18世紀に入ると、タイ周囲の国々は西欧列強の植民地になっていきます。マレー、ビルマ(原ミャンマー)、カンボジア、ベトナム、ラオスが皆、イギリスやフランスの支配下に入ってしまいます。ついには、独立を保っているのは、タイと日本だけになっていました。
タイも領土の一部をイギリス・フランスに割譲しています。

タイは同じアジアで独立を保っている日本をやはり特別な思いで見ていたのではないかと思います。1930年代、タイは満州国を最初に承認し、満州問題で、日本が国際連盟で孤立したとき、対日非難投票で唯一棄権をした国でした。 また、ABCD包囲網で、日本が追い詰められている時に、タイで生産される生ゴムと綿の全部を日本に供給し、多額の借款も供与してくれたといいます。

そんな中、昭和16年12月8日、日本は対米英開戦に踏み切りました。戦争中もタイは日本に協力関係を続けてくれました。

(自由主義史観研究会のHPよりhttp://www.jiyuu-shikan.org/)

自国を知るために歴史を勉強しています。その大切さを知ったのは、山口修源氏のお話を聞いてからで下。
スポンサーサイト

タグ : 大東亜戦争 タイ 山田長政 満州国 ABCD包囲網 山口修源

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。