スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ・クンユアムの親日博物館3

クンユアム旧日本軍博物館の館長、チョムタワットさんは旧日本軍についての聞き取り調査をするのと一緒に、地元の人々が所有していた旧日本軍の遺品を自らのお金で買い集める作業を行ないました。その数は500点にものぼります。
クンユアムでは文化センターを作ろうとその建物を建設していましたが、チョムタワットさんは、クンユアムの郡長にその計画を変更して戦争博物館を作ることを提案し、1996年に「クンユアム第二次世界大戦博物館」が開かれました。
当時、タイのカンチャナブリには既に戦争博物館が作られていましたが、そこでは残虐な日本軍というものを見せていました。
クンユアムの博物館が開かれた時に、メーホンソン県知事は、日本軍も苦痛を味わったとして、この博物館はカンチャナブリの博物館と一線を画していることを明言しています。

このように、バランスのとれた視点を持つ人物がこの地にいたのでした。それは、プロパガンダに惑わされることなく、事実を見ることの出来た人物なのでしょう。

歴史を学ぶ大切さを、私は山口修源氏のお話しから学びました。
スポンサーサイト

タグ : クンユアム チョムタワット 旧日本軍博物館 大東亜戦争 山口修源

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。