スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャヤワルダナ大統領の演説

1951年のサンフランシスコ対日講和会議において、スリランカの故ジャヤワルダナ大統領(当時は蔵相)が日本擁護の演説をしてくれました。その一部が以下の通りです。

「アジアの諸国民が日本は自由でなければならないということに関心を持っているのは何故でありましょうか。それは日本とのわれわれの長年の関係のためであり、そしてまた、アジアの諸国民の中で日本だけが強力で自由であり日本を保護者として盟友として見上げていた時に、アジア隷従人民に魅力のあったこと、そしてビルマ、インド及びインドネシアの指導者のあるものがかくすることにより彼等の愛する国々が解放されるかも知れないという希望によって日本人と同調したという前大戦中に起った出来事を思い出すことができるのであります。セイロンにおけるわれわれは幸いにも侵略されませんでした。然しながら空襲や東南アジア軍の指揮下にあるぼう大な軍隊の駐とんおよびわれわれが連合国に対して天然ゴムの唯一の生産者であった時われわれの主要商品の一つであるゴムを枯渇せしめたことによってもたらされた損害はわれわれに対してその賠償を請求する権利を與えるものであります。然しながらわれわれは、賠償を請求するつもりはありません。何故ならばわれわれは、そのメッセージがアジアの無数の人々の生命を高貴ならしめたあの偉大な教師の言葉、すなわち「憎悪は憎悪によって消え去るものではなく、ただ愛によってのみ消え去るものである」という言葉を信ずるからであります。それは偉大なる教師であり仏教の創始者である仏陀のメッセージであります。この仏教は人道主義の波を南アジア、ビルマ、ラオス、カンボディア、シャム、インドネシア及びセイロンを通して、更にまた、北はヒマラヤ山脈を通じてチベット、中国そして最後に日本にまで拡め、幾百年にわたって共通の文化と遺産でわれわれを結合したのであります。この会議に出席するための途中先週日本を訪問した際に私が見出したように、この共通の文化は、未だに存在しているのであります。そして日本の指導者達、すなわち民間人のみならず諸大臣からそしてまた寺院の僧侶から、私は一般の日本人は未だにあの偉大な平和の教師の影の影響を受けており、更にそれに従おうと欲しているという印象を得たのであります。われわれは彼等にその機会を與えなければなりません。
 これこそ、ソヴィエト連邦の代表が日本の自由は制限されるべきであると提議する時に同代表の見解に私が組みすることのできない理由であります。」(外務省による翻訳)

スリランカの人達と(戦争のことを覚えている人達ですが)話をすると、頻繁に出てくるのが、原爆の話とこのジャヤワルダナ大統領の演説の話です。
また、日本国がスリランカとの外交において取り上げるのもこの話です。日本人でこの話を知っている人はあまりいないようですが、是非とも知っておいて欲しい話です。日本人は皆、このジャヤワルダナ大統領とスリランカに恩義があるのです。
という私もこの話を知ったのが山口修源氏の話からでした。
スポンサーサイト

タグ : 山口修源

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。